ヘルペスと一言で言ってもいつくかの種類のものが存在しています。その中でも今回は「口唇ヘルペス」について考えていきたいと思います。もし口唇ヘルペスが出来てしまったら「なるべく早く治したい!」そのように考えられるので菜肺でしょうか。

そこで、早く治したい方に覚えていただきたいプロセスを考えてみましょう。

かかってしまった口唇ヘルペスをいかにして早く治すかということを考えていきましょう

■口唇ヘルペスであると自覚をすること

まずはその「自覚」でしょう。口唇ヘルペスの代表的な症状として、唇や口の周りにチクチクとした痛みが出来たり唇が腫れる・かゆみのような感覚があるという場合ヘルペスの可能性があるでしょう。俗に「風邪の花」などと呼ばれることもありますが、免疫力が低下したときに見られるともいわれているのです。

引用:ヘルペスの検索結果 | アイドラッグマート http://www.idrugmt.asia/php/search.php?word=%83w%83%8B%83y%83X&act=search

こうした症状が見受けられるものの、実際には自らが口唇ヘルペスに感染していると気がつかない方もらいっしゃるのです。神経にヘルペスウイルスがひそんでいる人数は平均で成人ですと50%以上ともいわれています。ですから、まず早く治すプロセスとして「早く気がつくこと・自覚をもつこと」が大切であると覚えておきましょう。

■皮膚科を受診すること
早く治したいという場合、気がついたらすぐに「薬局へ走る」という方もまたおいでのようです。今では市販薬なども確かに見られますし、一見すると病院へ行くよりも簡単にそして早く治るような気がするかもしれません。しかし、市販薬の場合は「再発」の場合に有効的なものであると覚えておきましょう。

仮に再発だという場合においても「前回と同じ症状であること」がその条件となるのです。以上の事から何が分かるかというと「皮膚科を受診する」ということがベターであるという事です。医師から適正な診断を受けて治療を進めていくことがポイントといえるのです。

■薬剤投与について
口唇ヘルペスの中心となる治療方法としては「投薬」になります。投薬をすることで、回復までの期間を短縮することが出来るのです。口唇ヘルペスの状態によって異なってきますが、外用薬・内服薬が処方されるかと思います。この薬剤をしっかりと用法・用量を守って取り入れるようにしてください。

くれぐれも自己判断で投薬を中止してしまったりということはしないようにしましょう。中止してしまうことによって、すぐに再発をしてしまったなどという方も多いのです。また、この投薬についてですが、早い段階から治療に取り組んだほうが早くそして効果的に作用してくれることでしょう。

先にも触れましたが、出来るだけ早い段階で病院を受診されるようにしてください。

■免疫力の向上を図る
さらに自らできるサポートとして「免疫力低下を防ぐ・上げるように意識をする」ということもまた大切なことです。体力を低下させないようにすること・ストレスを溜め込まないようにすることを習慣化していきましょう。栄養バランスを考えた食事や適度な運動などもまた大切なことといえます。

これが、より一層のスムーズな治療につながってくれますし、長い目で見たとき「予防」としても役立ってくれることでしょう。

■早く治したいヘルペス

今回は、口唇ヘルペスの早い治し方について見ていきました。違和感があることから、日常生活に支障が出てしまうという場合あるかと思いますから早く治したいものです。こうした知識を持っておくと、いざというときにも実践しやすいかと思いますので認識しておくと良いのではないでしょうか。

ヘルペスに感染したら気をつけること

ヘルペスに感染したら自分が辛いだけではありません。人にもうつってしまいますので、他人にうつさないように注意する必要があるのです。ほかの人に移してしまうことが内容に注意して生活する必要がありますから気をつけましょう。

■ヘルペスはうつるの?

ヘルペスは自分自身の問題だと思っている人も多いかも知れないのですが、実際にはうつります。そのために口唇ヘルペスになっている親が子供にキスをしたら子供にまで口唇ヘルペスがうつったということはよくあることです。また恋人同士や夫婦で口唇ヘルペスがうつってしまったということもありますので、注意が必要です。

ヘルペスに感染したら気をつけること

■接触感染でうつる
接触感染でうつります。口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型というウイルスが原因ですが、このウイルスは、人と直接接触したり、くしゃみや咳をしたりするとうつります。鼻水、唾液等が水滴になって飛び散ってしまいますので、それが原因で感染することになるのです。

単純ヘルペスに最初に感染したか、二回目であるかどうかは関係なく、いずれにしても感染してしまいます。単純ヘルペスウイルスはとても感染力が強いことが特徴です。

■単純ヘルペスウイルスは感染力が強い

単純ヘルペスウイルスはとても感染力が強いことでも知られています。そのために、直接患部に触れなかったとしてもウイルスがついているタオルやコップを一緒に使っただけでも感染するとのことです。自分で患部に触った場合でもちゃんと手を洗ってからほかの場所を触らなければ、自分の体の中でも感染を広げることになります。

感染力が強いウイルスですので、正しい対処をしなければ悪化につながりますし、悪化した場合にはなかなか治らないので注意が必要です。